キングダム654話ネタバレ最新話確定速報と感想考察!乱美迫と千斗雲の戦いで軍師の知略戦を展開?

キングダム

キングダム654話ネタバレ最新話確定速報と感想考察!乱美迫と千斗雲の戦いが知略戦に?

Pocket

週刊ヤングジャンプ連載漫画「キングダム」最新654話のネタバレ確定速報です!

魏の到着により、蒙毅が懸念していた数の差は埋める事ができました。

配置換えで仕切り直しです。

これから期待されるのは各軍軍師の知略戦

まずぶつかった録嗚未と千斗雲ですが、そこに魏の”狂戦士”乱美迫が乱入した事でこの什虎城戦の行く末をうらなう重要な一戦になりました!

千斗雲と乱美迫の戦いはさらに激化します!

そしてその向こうでは因縁の対決も始まりそうですよ。

秦軍・蒙毅、魏軍・呉鳳明、楚軍・寿胡王、それぞれどのような策略を展開するのでしょうか?

軍師たちの知略戦に注目です!

 

キングダム654話ネタバレ感想考察!

兵にとっては複雑このうえない秦魏連合軍ですが、あの人の一喝でしっかり肩を並べての共闘が実現しましたよ!

さっそく始まった一戦は、什虎城戦の結果を左右する大事な一戦だった?

まずは前話あらすじから見て行きましょう。

 

前話「共闘せよ」あらすじ

満を持して登場した魏軍。

楚の将たちは予想外のはずの秦魏共闘に

まず楚の軍師・寿胡王(じゅこおう)は配置換えの指示をだします。

「一旦戦を解けと”厳令の銅鑼”を鳴らせ」

そう命令すると「ギョーン」と言う音が響き、これを聞いた満羽(まんう)、千斗雲(せんとうん)、玄右(げんう)が反応します。

伝令は項翼(こうよく)、白麗(はくれい)にも伝わり、対する秦軍も配置換えを行うために退がりました。

楚軍十一万に対し、秦軍五万に加えた魏軍七万で仕切り直しです。

各軍開戦の号令が響き、秦魏同盟軍 VS 楚軍の戦いが始まりました!

 

録嗚未と千斗雲の戦いに乱入者が現れる

秦に思わぬ援軍が現れた事で焦るかと思われた楚軍でしたが、冷静なまま。

千斗雲にいたってはワクワクソワソワが止まりません。

急造同盟軍である秦・魏軍は、お互いの戦場が重ならないように対局からの挟撃に出ます。

これに対し、挟まれないよう各個撃破が定石のはずの楚でしたが、千斗雲だけは飛び出しました。

録嗚未軍めがけて単独で斬り込みます。

各将の快進撃が続くなか、録嗚未が千斗雲を急襲!

ところが渾身の一撃は予想外にはね返されます。

お互いが将軍だと分かり、二人の戦いがヒートアップしますが、突然大きな影が現れます。

乱美迫の乱入です!

その一撃を余裕の表情でも受け止める千斗雲。

乱入してしまった乱美迫の軍は慌てて追いかけて来ますが、そこには録嗚未軍がいます。

秦軍と魏軍…

因縁の相手が戦場で顔を合わせてしまい、張り詰めた空気が流れました。

「混乱するなバカ共!秦・魏は味方だ!力を合わせて楚兵を討て!」

録嗚未の言葉に我に返った魏と楚は、肩を並べると楚軍に向かいます!

安心したところにまだ刀を振り下ろして来る乱美迫に怒る録嗚未。

過去の因縁に目をつむっての共闘、秦・魏連合軍は什虎を討てるのでしょうか?

 

キングダム654話ネタバレ最新話確定速報!乱美迫と千斗雲の戦いが知略戦に?

魏軍が七万の大軍で参戦して来た事がわかりました!

これで楚軍十一万に対し、秦・魏は十二万。

なんと蒙毅が懸念していた数で形勢逆転ですね。

秦と魏が向かい合ってしまった時はヒヤッとしましたが、同じ楚の方向を向いて動き出しました!

前話ではさっそく飛び出した千斗雲を録嗚未が捕らえ、そこに乱美迫が乱入するというかたちで終わりましたね。

654話ではさらに誰と誰がぶつかるのか考察して行きます!

 

秦・魏・楚の配置換え

仕切り直しとなった各軍の配置換えにより、このような組み合わせが予想されます。

蒙武【秦】VS 満羽【楚】

騰【秦】VS 項翼【楚】

馬介・荀詠・龍范【魏】VS 玄右・白麗【楚】

千斗雲はソワソワしすぎて中間地へ出すぎてしまいましたね。

そこを録嗚未が捕らえ、戦いが始まりました。

録嗚未【秦】VS 千斗雲【楚】

ここに乱美迫【魏】が乱入しています。

 

千斗雲 VS 乱美迫

録嗚未に対する評価が「ん?…いや強いよお前。そこそこ強い…いーね」

それに対して、乱入して来た乱美迫には「イヒヒいいねお前」と嬉しそうに言っていました。

これは千斗雲は相手を録嗚未から乱美迫に切り替えそうですね。

より強い相手を求める戦闘狂・千斗雲と狂戦士・乱美迫。

お似合いじゃないですか?

そうなってしまうと「相変わらず録嗚未の扱いがひどい!」と言う声がまたたくさん出て来そうですが…笑

千斗雲はおそらく寿胡王の戦略無視で動いているのでしょう(寿胡王はそれも織り込み済みのようですが)。

ただ、乱美迫は呉鳳明(ごほうめい)の戦略により出て来ているのではないでしょうか。

そもそも敵将・満羽に向けて目の前の千斗雲→項翼と狙っているのでしょうが、勢いがあり武力は折り紙付きの乱美迫が一番秦との共闘による"すり潰し”に適した位置に配置されているあたり、呉鳳明の知略を感じます。

この戦いはギリギリ乱美迫に軍配が上がるのではないでしょうか。

ただ、千斗雲はまだここでは死なないような気がします。

 

乱美迫はあの王騎も手を焼いた?

謎の魏将・乱美迫。

その正体に関しては、魏火龍七師「霊凰」の元配下で死後呉鳳明の配下となった事、「フオオオ」としか言わず今回初めて「ヴァル」と言う事が分かった事ぐらいしか情報がありません。

常に仮面を付けていて、素顔は明かされていません。

ただ、”狂戦士”の通り名がある通りその強さは相当なものだとされています。

かつて王騎や摎が手を焼いた程の強者とも言われているので、その強さは秦の六将レベルと言えそうですね。

騰に急襲を仕掛けた事もあり、その時は騰が一撃をはねのけ後退する事になっていました。

攻撃を受けた千斗雲のリアクションを見る限り、力では録嗚未を上回っているようですもんね。

ここで千斗雲に負けてしまうと、同等かそれ以上と思われる他の什虎将軍たちとの戦いが不安になりますね…

そういう意味でも、千斗雲 VS 乱美迫の戦いは什虎城戦の行く末を占う大事な一戦だと言えそうです。

 

騰 VS 項翼

一度は圧倒的な数の差に離脱を試みた録嗚未でしたが、そう簡単にはいきませんでした。

謄に恨みをもつ白麗。

函谷関の戦いで、姉の夫である臨武君(りんぶくん)を騰に討たれています。

謄って野郎のはらわたぜってぇえぐり出してやる!と臨武君の亡骸に誓っていた頁翼も、騰には並々ならぬ想いを抱いていますよね。

「いーね蒙武、ぶっ殺す!」と言っていますが、以前騰とは決着がつかずに終わった過去の持ち主でもあります。

蒙武の首をとる事が目的、ただその前に騰は絶対に討つ!

目的が明確だからこその禍燐(かりん)の「チャチャッと終わらせる」発言だったのでしょうね。

実際、騰がこんな事を言っていましたよね。

「まずいな、このままでは録嗚未が死ぬ。すぐに」

頁翼・白麗が自分に必ず向かって来るであろう事を分かっているのでしょう。

仕切り直しの配置換えにより、騰の目の前には因縁の相手項翼が!

654話ではこの二人の決着に向けた戦いも始まるのではないでしょうか。

 

秦魏の因縁”函谷関の戦い”

因縁となっている函谷関の戦い。

趙・楚・魏・韓・燕の合従軍 VS 秦という構図になった戦いで、さすがの秦も滅亡の危機にさらされましたよね。

この時、楚の将軍である臨武君を討ったのが騰でした。

臨武君は「楚の剛将」という異名をもった将軍で、函谷関戦で録嗚未と当たった時は圧倒する力を見せています。

妻の名前は白翠、白麗の姉です。

”千人将”から”将軍”に出世した白麗と頁翼。

ここで函谷関の恨みを晴らすつもりなのでしょうか?

この二人が出て来て改めて、呂不韋(りょふい)が嬴政(えいせい)に言った「過去の内乱の平定すら難しい。」というあの終わったと思っても終わっていない怨念の話に恐怖を感じますね…

 

頁翼の秘密

その名前から、頁翼と”楚のラスボス・頁燕”の関係が気になる人も多いのではないでしょうか?

頁家は大将軍を代々輩出する名門です。

これまでおちゃらけたキャラクターとして登場して来た頁翼ですが、実はエリートだった?

什虎戦に現れ、その成長した姿が感慨深く感じた人も少なくないはず。

その出生の秘密もこの什虎城での戦いに登場した事で明らかとなって行くかもしれませんね!

 

まとめ

「キングダム654話ネタバレ最新話確定速報と感想考察!乱美迫と千斗雲の戦いで軍師の知略戦を展開?」と題してまとめてきました!

呉鳳明の名言「すりつぶす!」が頼もしく感じたのは私だけではないはず。

乱美迫が千斗雲(と録嗚未)に突っ込んでいったその後から、呉鳳明の策略が次々分かって来るのだと思われます。

蒙毅は魏の使者、将軍・荀詠にも若いなと思われたようでしたし、緊張の面持ち…

この戦いのポイントは軍師同士の知略戦で、まずは呉鳳明の戦略をどうにか読み取るかたちで蒙毅が奮闘する事になると予想します!

ただ、最終的にカギを握るのは蒙毅になるのではないでしょうか。

呉鳳明もろとも寿胡王を出し抜く知略戦で、この什虎城戦で一皮むけてほしいですね。

キングダム654話ネタバレ最新話確定速報と感想考察でした!

-キングダム
-, , , ,

© 2020 漫画速報 Powered by AFFINGER5