キングダム645話ネタバレ確定速報!太子遷即位で李牧処刑は一旦回避?

キングダム

キングダム645話ネタバレ確定速報!太子遷即位で李牧処刑は一旦回避?

Pocket

週刊ヤングジャンプ連載「キングダム」最新645話のネタバレ考察です!

趙国内で内乱を起こしながら李牧を探し続ける舜水樹(しゅんすいじゅ)たち。

ボロボロになりながら李牧解放のために城内を走り回りますが、ついに恐れていた事態が起こってしまいます。

”李牧処刑の決定”です。

決死隊となる覚悟を決める李牧一派に対し、李牧もろとも一掃しようと企む郭開(かくかい)ら。

ところが公開処刑前日に悼襄王(とうじょうおう)の身に予想外の出来事が起こります!!

急転直下となった644話、秦軍にも大きな影響を与える事になりそうな予感…

趙国を起死回生させる李牧復活となる645話をネタバレ考察して行きます!

 

キングダム645話ネタバレ考察

邯鄲を狙う秦軍の動きが急に慌ただしくなりました。

なんと翌日に李牧処刑との情報が入ったからです。

内心複雑な信たち…

一方の趙国内では決死隊となる覚悟を決めた李牧の腹心たちと、それを利用しようとする王の側近たちとで内乱状態が続きます。

ラストが衝撃な!644話のあらすじから見て行きましょう。

 

前話「桃泉殿」あらすじ

朱海平原の戦いに敗れ、鄴を失った罪で投獄されていた李牧。

ついに「明日処刑」との報せが…

それでも最後に言っておくことはと聞かれ、趙国・悼襄王の家臣である郭開に、必ず攻め入って来るであろう対秦軍への戦略を伝えます。

それからカイネ達には「決して愚かな真似はしないように」と。

最後まで自国や腹心たちを想った言葉をのこす李牧。

対する郭開は、誰にも遺言など伝える気はありませんでした。

”全てをねじまげる郭開”そして”最初から全てがゆがんでいる悼襄王”

そんな悼襄王の元を訪れたのは趙太子・嘉でした。

「李牧はこの国の”門”、失えば敵は国中を蹂躙する。」「とうかご再考を!」と涙ながらに訴えます。

そんな息子を、大きゅうなったのうと抱きしめた悼襄王。

ところがそのまま嘉の耳を噛みちぎります…!!

「王に向かって暴言を吐くからだ。失せろ。」と。

必死の訴えもむなしく嘉が下がると、悼襄王は郭開を呼ぼうとしてやはりその前に英書記官を呼ぶよう言います。

 

秦軍に伝わる「李牧処刑」

飛信隊・楽華隊が到着したばかりの鄴では、すぐに出陣だと慌ただしい雰囲気。

蒙恬(もうてん)によると”邯鄲に動きがあるから総攻撃の準備に入る”と言う情報が入ったとの事。

すでに李牧が明日処刑される事が秦軍にまで伝わっていたんです!

なんとも言えない雰囲気に包まれる飛信隊…蒙恬は「妙な情に浸って乗り遅れないように。」と李信にくぎを刺します。

可了貂(かりょうてん)はカイネを思って不安げです。

李牧を慕うあまり、後を追わないか心配なんですね。

 

決死隊となる李牧腹心たち

その頃邯鄲城内の片隅では、翌日に李牧が雷還広場で公開処刑されると聞いた李牧の腹心たちが追い詰められていました。

地下牢をいくら探してもやはり李牧は見つからず、伏兵によって戦力が削られて行くばかり…

もう広場に李牧が連れて来られた時に強行突破で救い出すしかありません。

広場は兵で三重に囲まれている…馬南慈(ばなんじ)・傅抵(ふてい)の軍も邯鄲軍に警戒されている…

舜水樹が意を決したように口を開きます。

「自分の部隊が広場を目指して突撃するから、小隊が市民に紛れて李牧様を救出しろ。」

重傷のカイネ、憔悴しきっていますが自分が李牧を救い出すために小隊に入れてほしいと頼みます。

李牧軍は決死隊の覚悟です。

 

悼襄王の最期

その時はあっけなくやって来ました。

翌日の処刑および兵の準備が整った事を確認する郭開。

その頃悼襄王はいつもの”桃泉殿”で少年たちと湯あみ中でした。

「俺に天の与えし宝は、この風呂場とお前達だけだ。」

ところが突然、持っていた盃を落としてむせ始めます。

風呂を上がったと思ったら胸に痛みを感じてその場に倒れると、カタカタ震えながら苦しみだす悼襄王。

ですが、一瞬心配そうな表情を見せた少年たちは誰ひとり医師を呼ぼうとはせず、悼襄王はあっという間に息を引き取りました。

”紀元前236年、趙が鄴を失ったこの年に悼襄王は死んだ(史記趙世家より)”

 

キングダム645話ネタバレ確定速報!太子遷即位で李牧処刑は一旦回避?

え?!と思った次の瞬間には悼襄王が命を落としていました。

苦しむ悼襄王を助けるどころか無表情に見つめる少年たち…

「天の与えし宝」である少年たちにクスクス笑われながらの最期、悼襄王はどんな気持ちだったのでしょうね。

嘉を抱きしめた時、垣間見えた人間味に一瞬期待してしまいましたよ…

明らかに飲み物に一服盛られた様子ですが、一体誰の策略なのでしょう?

そしてこの事実が伝わった時、李牧の処刑と決死隊となった腹心たち、郭開をはじめとした悼襄王の臣下たち、そして今まさに鄴に攻め入ろうとしている秦軍はどのように動くのでしょうか?!

一気に話が動きそうな645話ネタバレ考察です!

 

悼襄王死の真相は?

大好きな桃泉殿でいつものように少年たちを侍らせて入浴していましたが、飲んでいたアレは一体何なんでしょう?

お酒…?にしてはドロっとしているようですし…

645話では突然の王崩御による激震と混乱が描かれました。

毒を盛る動機がありそうなのはこちら。

・舜水樹ら李牧一派

・耳を食いちぎられた太子・嘉の側近

・内心軽蔑しながら侍っていた少年たち

・秦軍スパイ

思い当たる人いすぎです。。

一番気になったのが桃泉殿にいる事を確認した郭開の意味ありげな表情。

”全てをねじまげる郭開”ですので、この毒殺の糸を裏で引いておきながら李牧派に罪をなすりつける事も考えられます。

あと気になるのが、嘉と話したあと郭開を呼ぼうとした悼襄王でしたが、思い直してその前に英書記官を呼びましたよね。

このタイミングで書記官?と思いましたが…

これもしかして遺言のようなものを伝えていたのではないでしょうか?

「嘉には王位は継がせない」と言う…

 

新王は太子・遷?

史実と同様、王位を継ぐのは嘉ではなく遷となりました

やはりこの事を書記官に伝えていたのですね!

645話で新王として即位したのは、のちに幽繆王と呼ばれる太子遷(せん)。

李牧の処刑を楽しみにすらしていたので、嘉の行動はさぞ逆鱗に触れたんでしょうね。

 

李牧処刑は回避

王崩御と目前に迫った秦国の侵略。

ここで李牧を処刑するわけにはいきませんよね。

その進退を掌握しつつ、指揮官として登用せざるをえないのが現実。

李牧の処刑は一旦なくなりそうですが、「王に処刑される」それが李牧の最期だと言われています。

やはり王は嘉にはならなかった事が原因となっているのでしょうね。

 

秦軍の動きにも影響?

明日にでも邯鄲攻略のために総攻撃を仕掛けると勢いづく秦軍。

”李牧処刑”の報せは秦軍にとっては追い風以外の何物でもありませんよね。

趙王崩御が伝わり動揺する様子でしたが、これはやはり追い風となるのでしょうか。

李牧が復帰して陣頭指揮をとるであろう事は考えるでしょうし、複雑といったところかもしれませんね。

 

まとめ

キングダム最新話645話のネタバレ考察でした!

悼襄王が亡くなると言う衝撃の展開となった644話。

続く645話のメインとなるのはこちらでした。

・趙国新王即位

・李牧の処刑回避…?

悼襄王の死因は詳しくは分からない、と言うより調べないかもしれません。

真犯人が誰であれ、郭開は李牧派を真犯人に仕立て上げる事が考えられるからです。

史実では趙は太子・遷(幽繆王)の代で滅亡しています。

ですが秦国の趙攻略までには李牧は再度大きな敵として立ちはだかるはず!

ひとまず処刑をまぬがれた李牧に、腹心たちの士気は急激に上がるでしょうね。

秦軍との衝突はいまだかつてないほど派手なものになるかもしれません!

次回のキングダムが気になる方はこちらのキングダムネタバレ646話をチェック!

-キングダム
-, , , ,

© 2020 漫画速報 Powered by AFFINGER5