アンデッドアンラック21話ネタバレ確定速報!アン風変装で不治のいる闇市へ潜入!

アンデッドアンラック

アンデッドアンラック21話ネタバレ確定速報!アン風変装で不治のいる闇市へ潜入!

Pocket

週刊少年ジャンプ連載「アンデッドアンラック / アンデラ」最新21話のネタバレ確定速報です!!

UMAギャラクシーで世界に起こった改変。

かなり大規模なものでしだが、目の前のトラブルはジュイスがあっさりと解決しちゃいましたね!

その時明らかとなった”UNJUSTICE(不正義)”の能力。

アンディと風子が知らなかったペナルティの真実についても分かりました。

最後のペナルティ回避のため、最優先で行わなければならない課題とは?!

21話からは11人目確保を目指してアンディ・風子・タチアナが動きます。

ジュイスが言う、タチアナの”役に立つ能力”に注目の21話ネタバレ考察です!

 

アンデッドアンラック21話ネタバレ考察

ユニオンメンバーにクエストの結果が発表され、【不可視(アンシーン)捕獲】のみ失敗とされました。

するとペナルティとして追加されたのはUMAギャラクシー!

巨大な人型の銀河が現れます!

”銀河”が理として追加されると一体どのような事が起こるのでしょうか?

私たちの認識と同じになると言う事ですよね?

風子も思ったより怖くないと言っていましたが、アポカリプスは乗り越えられるか?と意味ありげに笑います。

銀河追加によって起こった変化、そしてそれは否定者たちにどう影響するのか?!

さらに分かって来たペナルティの実態とは?!

まずは20話あらすじのおさらいです!

 

前話「この地球に手を出すな」あらすじ

理(ルール)来たる!!

不可視(アンシーン)捕獲失敗のペナルティでUMAギャラクシーが円卓上に現れました!!

が、そのままズズズ…と天井に消えて行きます。

どうやら地上に出る気だと察したジュイスは指示を出しました。

「ムーブ、我々を地上へ」

すると次の瞬間、座っていた床部分が割れて落下!

移動させてやったからには面白いものが見られるんだろうなと言うムーブに対し、「私の正義を見せてやる」とジュイス。

ペナルティって思ったより怖くないねと呑気な風子をよそに改変が始まります!!!

 

銀河追加で地球が宇宙人に侵略される?!

”銀河の追加”

この理がある前提での世界の改変が行われました。

場所はどうやらオーストラリア、空を見上げると無数の光があります。

普通に夜空に星が浮かんでいるように見えますが、アンディ以外の否定者たちにとっては初めての得体のしれない光景だと言う事になりますね。

ニコが改変による変更点を確認しようと、通信で誰かに話しかけます。

「ボケ共!お前らの知識をよこせ!」

すると通信先にいる数人が「了解!Dr.ニコ!!」と言って、頭につないだコードからニコに情報を送っている様子。

ここで、ニコから否定者たちにとっては初めての情報が共有されます。

・銀河とは地球のような星の集まりである事

・星にまつわる神話や曜日などにシステム、地球外生命体の概念がうまれた事

今回のペナルティは地球のような星がわーっと出現し、そのため”宇宙人”と言う概念も生まれた。

そして今まさにその宇宙人に侵略されるところらしい、と言う事が否定者たちに分かります。

見上げると空にはたくさんの宇宙船が…!

 

ジュイスの否定の能力”UNJUSTICE”

当然と言えば当然ですが、この宇宙人たちはついさっきの改変でうまれたものながらその認識はありません。

何億年も歴史がある星で生まれ、何十年も鍛え上げられた兵士であり、自分の星が滅びそうで他の星に移住先を求めてやって来たんです。

そこにアスクと名乗る宇宙人がひとり降りて来ます。

ニコの解説通り「この星を侵略する。」と言いだしますが、自分がこの星の代表だと言って目の前に出たのはジュイス。

「抵抗しなければ労働力に、抵抗するなら消えてもらう」と言う宇宙人アスクに対し、「両方断る。お引き取り願おう。」と毅然と言ってのけます。

事前の調査でこの星の文明はおそろしく未熟だと思っているアスク。

宇宙船から威嚇射撃し、皆殺しだと宣告。

するとジュイスはヘルメットを取り言います。

「それがお前たちの正義か、なら私はその正義を否定しよう。」

UNJUSTICE(不正義)の能力発動です!!

次の瞬間、上空の宇宙船団がお互いに撃ち合いを始め、次々に墜落して行きます!

パニックになるアスクをしり目に、ふたたびヘルメットをかぶり直すジュイス。

アンディと風子に「よく見ておくといい。これがペナルティだ。」と話し、説明してくれました。

今回のペナルティで累計99個なのでこれ以上のペナルティは許されない事。

それはアポカリプスと同時に見つかった石板には元々101の穴があったが、ペナルティを受けるたびに埋まっていくからだと言う事。

101つ目が最後のペナルティ”ラグナロク”だと言います。

 

ラグナロクを防ぐために必要な11人目

ここでひとつ、困った事がわかりました。

アポカリプスは円卓が満席でないと開かない、でも11席目が増えた今、その席を埋めないと3ヶ月後にクエスト挑戦すらできずにペナルティを受ける事になるんです。

つまり、最優先事項は現在空席である”11人目”の確保。

ここで先ほどのアスクが「貴様らは一体…」と口をはさんでしまいます。

まだいたのか…自死もしないとは義などなかったのかと呆れるジュイスに、宇宙中に「この星に手を出すな」と伝えるよう命令されます。

そのため2020年9月1日のこの初接触を最後に、宇宙から地球へ一切の接触が途絶えたのだとか…

ジュイスが続けます。

「今回の報酬で”不燃”と”不治”の場所はわかった。ほしいのは」

「”不治”だろ」

遮ったアンディが自分の能力が適切だと不治確保を買って出ます。

アンディ・風子、それにジュイスに言われてタチアナも一緒に11人目”不治”を狙う事になりました!

 

アンデッドアンラック21話ネタバレ確定速報!アン風変装で不治のいる闇市へ潜入!

20話は完全にジュイスのターンでしたね!!

UNJUSTICE(不正義)の能力、「自分なりの正義」に基づいた相手の行動を否定する…と言う事なのでしょうか?!

初めて見えたヘルメットの下の素顔にツイッターも騒然としました!

男性?女性?と気になる人も多かったジュイス、どちらにせよ話題になる美しさでしたね!

21話から始まる”11人目編”。

ストーリー展開を考察して行きましょう!

 

ブラックオークション潜入のためにアン風変装!

101つ目のペナルティ”ラグナロク”を防ぐべく、どんなクエストであっても達成しなければならない。

でも、円卓が埋まらなければそもそもクエスト受注ができないんですよね。

なので最重要ミッションは「11人目の確保」、そして「ほしいのは”不治”」だと言うところを確認したアンディ。

向かうは不治(アンぺリア)のいるブラジル!

なんとマフィア主催の”黒競売(ブラックオークション)”が行われていて、そこに不治が現れるという情報をつかんだんです。

ふたりはその会場である船上パーティーに潜入するためにスーツとドレスを新調する事にしました。

 

アン風の関係はジュイスのお墨付き!?

風子のドレスをイチャイチャしながら選んだふたり。

「俺の女として行くんだ。触らせねーよ。」

「俺といる時くらい好きなもん着ろよ。」

「自信もって胸張れ、うし満点だ!」

アンディ全開すぎません??

すでにもう普通にカップルじゃないですかこのふたり?

実は風子、出発前ジュイスにこんな事を言われていました。

「君の不運はコントロールさえ出来れば”神をも殺す能力”かもしれない。」

「だが今のままではまだ力不足だ。」

「だからこそもっともっと彼を好きになってくれないか?」

ジュイスに言われなくてももっともっと好きになりそうですけどね!!

”神をも殺す能力”というのが気になるところではありますが…

 

アンディの不安

21話ではアンディの本音も聞く事ができました。

ヴィクトルが何者なのか、それどころか自分が何者なのかもわからない。

おそらくヴィクトルがオリジナルだというのは事実。

額のカードがなければ自我を保てないし、いつまたヴィクトルが出て来てお前や誰かを襲うかもしれない…

アンディは不安に思っていたんですね。

しかし風子は笑って返します。

「そうなったら何度だって私の不運で助けるよ。」

「アンディがそこにいるなら何度だって。」

受け止めてくれる風子に対して、アンディの信頼感も上がったでしょうね。

もうすでにカップル通り越して夫婦!?

 

タチアナはアンぺリア対策?

19話で不可視(アンシーン)を捕らえ、自分たちの組織に入るよう言っていたのが不治(アンぺリア)だと思われます。

となると、不治が所属している対立組織が存在していて、ブラジルに向かったアンディ達はその組織と戦う事になりそうです。

ジュイスがタチアナを「役に立つ」と言って連れて行かせたのが気になりますね。

タチアナの能力については”不可触(アンタッチャブル)”との予想が出ています。

触れられないから不治にも傷をつけられない、と言う事なのでしょうか?

21話ではまだ出て来ませんでしたが、タチアナの能力が分かるのが楽しみです!

 

101つ目のペナルティ”ラグナロク”の秘密

何かとウワサになって来た「アンデラの世界ループしてる説」ですが、20話でヒントになりそうな事がありました。

それが101つ目のクエストと言われる”ラグナロク”です。

ヴィクトールが現れた時、「何年の何月だ」とシェンに聞いていましたよね。

あれは、”ループしてからどれくらい時間がたっているのか”を確認するための質問だったのではないでしょうか?

曜日を聞く事でUMAギャラクシーが追加されているかどうかが分かりますし、それでヴィクトールは現在のクエスト進行状況(ラグナロクまであとどれくらいか)を確認できますよね。

もし、最後は不死を殺すクエストなのだとしたら?

不死はラグナロクが起こっても死なずに世界に残された場合、またひとりループするのだとしたら…?

「君伝」全巻数と同じ101の数字が出て来たのも関係ありそうで、さらにこれからの展開に期待です。

 

まとめ

アンデッドアンラック / アンデラ最新和21話のネタバレ考察でした!

アン風のバカップルっぷりがメインとなった21話。

ジュイスに言われなくても、時間とともにさらに関係が進展していくのは明らかですよね!

正装したふたりが向かうのはブラジル・リオデジャネイロ港。

ウワサの敵対組織も現れるのでしょうね。

アンデラはスピード感がすごいですし、ラグナロクが目前に迫る以上あまりのんびり戦う事はなさそうです。

ジュイスも宇宙人をまさに瞬殺でしたし。

あの時の「今回は私の能力で回避できたが、メンバー次第では詰みもありうる。」と言う言葉。

タチアナ同行をすすめた以上、やはりアンぺリアにはタチアナなのでしょう!

どのように”役に立つ"のか注目ですね。

もしも不治の能力が機械も対象なら、あの球体が故障して本体が登場なんて事もあるのでしょうか…?!

アンデラは否定者の能力開示シーンがとにかくカッコいいのでタチアナも楽しみです!

次回のアンデッドアンラックが気になる方はこちらのアンデッドアンラックネタバレ22話をチェック!

-アンデッドアンラック
-, , , ,

© 2020 漫画速報 Powered by AFFINGER5