ワンピース986話ネタバレ確定速報!赤鞘九人男の刀がカイドウに届く!

ワンピース

ワンピース986話ネタバレ確定速報!赤鞘九人男の刀がカイドウに届く!

Pocket

週刊少年ジャンプ連載漫画「ONE PIECE / ワンピース」最新986話のネタバレ確定速報です!

戦力が続々と集結する鬼ヶ島。

今にも処刑されそうなモモの助と、実はそのすぐ近くまで来ているナミ、ジンベエや侍たち。

マルコ・ネコマムシ・イゾウ達とロー達も合流しました。

全面戦争を目前に、”裏切り者カン十郎”と赤鞘の侍たちの決着は?

ついに姿を明かしたヤマトは父の真意を知ってしまう事になります。

そして気になるカイドウの最初の相手はルフィ・ヤマトか赤鞘か!

WJ35連載のワンピース986話ネタバレ考察です!

 

ワンピース986話ネタバレ考察

ついに明らかとなったカイドウとビッグ・マムによる「新鬼ヶ島計画」!

そのためにカイドウはとんでもない行動に出ます!

一方、明かされるヤマトの過去とルフィと共闘のきざし…?

鬼ヶ島では次々戦いが起こり始めています!

まずは985話あらすじからです!

 

前話「新鬼ヶ島計画」あらすじ

「カイドウの息子ヤマト」が般若のお面を脱ぎ、実は女だったとルフィが知った頃。

鬼ヶ島の裏口では早くも両勢力がぶつかろうとしていました。

ローの能力で上陸したお菊や河松、合流したイゾウ、ネコマムシ。

いざカイドウの城に向かいます!

ところがそこに現れたのはカン十郎でした。

イゾウ達が現れる事を読んでいたんです。

大勢の部下や首なしの武者たちを従え、この負け戦のために戻ったのかとイゾウを笑います。

モモの助が自分の手から逃れようと抵抗した事、それを体罰で抑え込んだ事…

そして間もなくモモの助の公開処刑が始まり光月家の歴史はあと数分で終わる!と、イゾウ達を挑発するかのようにカン十郎は話します。

そのとき前へ出たのは兜をかぶったお菊、光月家家臣”残雪の菊之丞”でした。

「来い、菊。」

ふたりの一騎打ちを合図に戦闘が始まります!

 

ヤマトの過去とカイドウの”新鬼ヶ島計画”

一方屋根裏ではお面を取ったヤマトはルフィに過去を明かしていました。

「”光月おでん”なのに僕は自由じゃない。」

ヤマトの手枷は島から離れると爆発するのだそう。

8歳から島に監禁状態なのだとヤマトは言います。

これまで何度も抵抗を試みては幼少期から暴力で抑えつけられて来たのだと話すヤマトに、ルフィは「取ってやろうか、それ。」とアッサリ。

その頃城内ではカイドウのスピーチが始まっていました。

白ひげの頂上戦争から2年、ついに世界中が動き始めた。

七武海の撤廃は海軍本部の新戦力でおれ達を抑え込めるという自信の表れ。

だが、おれ達はビッグ・マム海賊団と手を結びこの世で最も強大な力「古代兵器」を手に入れる。

そこへ”花魁おリン”となったビッグ・マムが命を与えた提灯や三味線たちと壁をやぶって現れます。

中には捕らえられてしまったナミ達もいて、近くで気づいたロビンは今にも飛び出してしまいそう。

カイドウとビッグ・マムが言います。

”ひとつなぎの大秘宝”を獲りに行くぞ!

世界に恐怖と戦争をもたらすであろう古代兵器の存在、それこそがおれ達の望む暴力の世界だ、と。

これに手下たちは大盛り上がりです。

 

オロチ処刑で飛び出すルフィとヤマト!

不意に、カイドウがオロチの部下達に選択するよう言います。

今、このワノ国は海軍や世界政府すらも手が出せない天然の要塞。

花の都の者たちも労働力にして武器工場を増やし、あらゆる海賊にとって楽園とも呼べる”無法地帯”とする事ができる。

ワノ国が無法地帯…?唖然とするオロチの手下たち。

すると、この発言に怒ったオロチが声を上げます。

「てめェ誰のおかげで今まで武器を…」

その言葉を遮り、カイドウが一太刀。

なんとオロチの首を落としてしまいます!

一気にざわつく城内にかまわず、黒炭家も光月家もどうでもいい話だと一蹴したカイドウは5秒で決めろと選択を迫ります。

・おれと共に海賊になるか

・今ここでおれに挑んで死ぬか

それを屋根裏から覗き見ていたルフィとヤマト。

ルフィは磔にされ震えるモモの助に気づきます。

「モモ!」

叫んだ瞬間崩れ落ちる天井とともにルフィとヤマトも落下してしまいました。

「今夜この鬼ヶ島を花の都に移し、ワノ国は滅ぶ!」

「国の名は新鬼ヶ島!将軍は我が息子ヤマトだ!」

この言葉に駆け出すルフィとヤマト。

ヤマト「なってたまるかァ!クソオヤジ!」

ルフィ「早く案内しろ!モモが殺される!」

突然のルフィとヤマトの登場に城内はさらに大騒ぎです!

 

ワンピース986話ネタバレ確定速報!赤鞘九人男の刀がカイドウに届く!

明かされたヤマトの過去と、カイドウの計画。

オロチが処刑されてくれた事にはひと安心!

ですが、モモの助はいまだ磔のままです…

ロビンがジンベエに説得され飛び出すのをあれだけ堪えていたのに、ルフィが気づいてから飛び出すまで秒でしたね。笑

ついにカイドウの前にルフィが登場してしまうワケですが、島にはすでに戦力が集結しつつあります。

986話をネタバレ考察して行きましょう!

 

菊之丞涙の理由

985話最後のページ、涙を流していた鎧兜姿のお菊。

986話では冒頭の鬼ヶ島裏口の様子として侍たちに合流する錦えもん・傳ジローの姿が。

そして雪の上に倒れるカン十郎の姿がありました。

そして錦えもんの「辛かったな…お前達」の言葉。

あっさりとしていますが、カン十郎は菊之丞に討たれたという事なのでしょうか?

不本意な戦いによってお菊は涙を流したのか。

もしくはモモの助を想っての涙なのか、はたまたさらに大どんでん返しとなるような一言をカン十郎に聞かされたのか…

カン十郎が自分を刺させて先に進ませた、という事はないでしょうか?

986話でも死が決定的となる描写はなく、スパイとして暗躍していたカン十郎の真意がいまだに疑問です。

もしモモの助への忠誠心が本心としてあったのだとしたら、ここまで辛かったでしょうね。

 

ついにモモの助処刑を決行?

先を急ぐ侍たちが目指すモモの助。

磔のモモに、カイドウはこんな事を言い出しました。

「お前の名は?」

”あの光月おでんの息子”がこんな根性なしのはずがない、ずっとそう疑問に思っていたと言うカイドウは処刑の理由をフロアにいる部下たちに向かって話し始めます。

「ワノ国の将軍も、仕える侍たちも根絶やしにして古いワノ国を終わらせる。」

光月おでんとトキの子ではないなら処刑をやめると、一言ウソさえつけば命は助けると言うんです。

ところがモモは「拙者の名は光月モモの助!ワノ国の”将軍”になる男でござる!」と答えます!

父と母に顔向けできる男でありたいがゆえの、最後の意地です。

呆れるカイドウ、これでモモの助処刑は決定となってしまいました…

 

カイドウ VS ヤマトの親子対決

新しい国の将軍にすると言われて「なってたまるかクソオヤジ!」と怒りのあまり飛び出したヤマト。

ずっと「島を出たり外せば爆発する」と言われていた手枷をルフィに取ってもらう事になります。

まさか実の父親が爆弾を仕掛けるはずないと確信を持ってはいましたが、念のため!一応!遠くに投げてもらうようルフィに頼みます。

するとルフィが投げた手枷は大爆発!

自分を殺す気だった…知ってしまったヤマトは「あいつはもう親でもなんでもない!」とカイドウ向かって走ります。

怒り心頭のヤマトですが、カイドウにあっさり抑え込まれてしまうのでしょうか…

これまでもそんな親子関係だったようですし。

それでも親子での雷鳴八卦のぶつけ合いは相当な迫力だと思われます!

しばらくカイドウもその行方をつかめていなかった様ですし、その間に何か秘策を身に着けていたりするのでしょうか?

カイドウは「陸空海、生きとし生ける全てのもの達のなかで最強の生物」という肩書きをもっています。

ゴムのルフィに対し、金棒に稲妻をまとわせた雷鳴八卦一撃で倒してしまった過去もあります。

このカイドウ攻略のカギを握るのはおそらくヤマトとなりそうですが、親子対決は一旦おあずけとなりました。

 

赤鞘の九人男が到着!

ライブフロア、カイドウの背後に現れた赤鞘の侍たち!

これにはカイドウ陣営も驚愕です。

あまりの迫力にカイドウは光月おでんの姿を見ました。

スナーッチ!の合言葉でカイドウに一斉に飛び掛かる赤鞘九人男たち!

九人そろっての一撃がカイドウを襲います!

カイドウの部下たちはようやく、これは飲んでる場合じゃないと気付き武器をとります。

本当の討ち入りがついに開始!

カイドウVS赤鞘九人男、因縁の対決がついにはじまりました!

 

オロチは死んでいなかった?

あまりにあっさり斬首されたオロチ。

あっさりしすぎていてなんだか腑に落ちない…と言う人も多かった様子。

それと言うのも、オロチは”ヘビヘビの実 モデルヤマタノオロチ”の能力者だからです。

一度首を落とされたくらいで本当に死ぬのでしょうか…?

8つ命があるとか、この剣で斬らないと死なないとか、そんな(いらない)設定があったりしそうですよね。

986話ではまだおとなしく死んでくれています…

 

モモの助救出にロビン・ジンベエが飛び出す

ルフィが飛び出した理由は磔にされているモモの助を見たからでした。

自分はモモの助だと答え漢気を見せたものの泣いてしまうモモの助ですが、侍たちの到着やルフィの登場は嬉しいでしょうね!

飛び出した赤鞘の侍たちを見てジンベエやロビン達、潜入しているメンバーが一斉に姿を現すのではないでしょうか!

そのままモモの助救出!となってくれるといいのですが…

ここで不安要素となるのが”オロチは死んでいない説”です。

いざ救おうとしたら復活してモモの助を人質にとる。

そんないらん事をして来ないといいんですが。

 

おでんの航海日誌に書かれていた事

おでんの航海日誌に書かれている事。

それは”世界の全て”と言えます。

かつて海賊王ロジャー達とラフテルにたどり着いたおでんが知った世界の秘密。

・空白の100年とは

・Dの一族とは

・古代兵器とは

これをヤマトは全て知ったと考えられます。

もしかしたら”ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”の正体も…?

ヤマトが言っていた、航海日誌に書かれている「彼の豪快な人生と”大切な事”」というのもポイントになりそう。

ロジャー達との旅で見つけたという「自身の中の答え」の事でしょうか?

航海日誌を見せてくれとルフィが言う事はないと思われますが、今後もかなり重要な役割となるのは間違いなさそうです。

ひょっとしたらカイドウ編のあとには麦わらの一味に加わるのかもしれませんね。

 

まとめ

ワンピース最新話986話のネタバレ考察でした!

カイドウの前にルフィとヤマトより先に飛び出した赤鞘九人男!

これにはカイドウたちも相当驚いたようですね。

思わず光月おでんの姿が重なったカイドウは焦っているようにも見えました。

986話

・モモの助と名乗った事で処刑決定

・ヤマトの手枷爆発で父の殺意発覚

・赤鞘九人男の登場

こちらがメインとなりました。

両親への想いからウソをつけず、堂々と名乗ったモモの助。

対してヤマトは実の父親であるカイドウの殺意を知ってしまう展開となりましたね。

ヤマト切ない…

赤鞘九人男の刀はここでようやくカイドウへと届いたわけですが、雪辱は果たされる事となるのでしょうか?

モモ救出まで気が休まりません!

どうかオロチ復活の予想が当たりませんように…

次回のワンピースが気になる方はこちらのワンピースネタバレ987話をチェック!

-ワンピース
-, , , ,

© 2020 漫画速報 Powered by AFFINGER5