キングダム657話ネタバレ最新話確定速報と感想考察!蒙武が背負うものは親友昌平君

キングダム

キングダム657話ネタバレ最新話確定速報と感想考察!蒙武が背負うものは親友昌平君

Pocket

週刊ヤングジャンプ連載漫画「キングダム」最新657話のネタバレ確定速報です!

「何かを背負い戦う蒙武に対し、”虚無”を悟った自分たち什虎城の将軍たちの方が強い。」

そう確信した満羽が蒙武を馬から叩き落すという規格外の力を見せつけました。

蒙武と自分たちとではステージが違うのだと言いたげな満羽。

蒙武が背負うものが明らかとなります。

それは家族でもなく、兵や民でもなく、親友昌平君?

かつて背負っていた大きなものから解放され今は楽だと語る満羽。

蒙武を試そうとするかのような言葉で、親友でもあり戦友でもある昌平君が脳裏をよぎった蒙武の反撃開始なるか!

キングダム657話のネタバレ確定速報とあわせて、感想と最新話考察をまとめました!

 

キングダム657話ネタバレ感想考察!

主攻と助攻に分かれ、楚の本陣を目指す秦・魏連合軍。

対する什虎軍は玄右、千斗雲に続き満羽の実力が垣間見える事となりました。

ポイントは蒙武が背負うもの?

まずは前話あらすじを振り返りましょう!

 

前話「興味がある」あらすじ

にらみ合う満羽と蒙武、その周囲では両軍の激闘が繰り広げられています。

と、そこへ横から現れたのが魏の欄美迫軍。

副将・魚燕(ぎょえん)から蒙武に「呉鳳明が秦将・蒙武と騰を楚軍撃破の鉞(まさかり)にすべしと判断した」「そのため魏軍全体が”助攻”となる」と伝えられます。

主攻である蒙武は楚軍本陣を討つようにという作戦を聞くと、蒙武軍はすぐに楚本陣へと進路を変えます。

騰軍も同じです。

乱美迫の助攻を受け進軍しようとする蒙武でしたが、満羽が阻みます。

「どうした蒙武、お前の相手は俺だぞ」

その言葉に蒙武は来輝(らいき)に先に行くよう伝えると、満羽との決着をつけるために留まる事にしました。

一方の満羽は、自軍の界邦(かいほう)に先に当たるようにと蒙武への攻撃を命令します。

その理由が「もう少し見たい。蒙武に興味があるようだ。」との事。

 

録嗚未が千斗雲を足止め

その頃、録嗚未は引き続き千斗雲を足止め中。

ところがこれまで乱美迫との共闘で互角だった相手、当然のように防戦一方です。

そのうち千斗雲は「まーいーや、もっと楽しいとこに行ってくるわー」と言い出し録嗚未から離れようとします。

ちょうどその時に入った「秦軍が楚本陣を狙っている」という情報。

ここは一度寿胡王を守るために退くべきだと言われる千斗雲ですが、そんなつまらないことやってられるかよ~と言い捨てました。

「よく見たら目の前に面白い奴がいるじゃんかよー」

そう言う千斗雲の視線の先には魏の本陣、そこには呉鳳明の姿があります。

笑いながら魏国本陣を目指し駆け出した千斗雲の姿に気づいた録嗚未軍の兵が思わず言ってしまいます。

「だが…もしあの千斗雲という男がこのまま呉鳳明を討ち取るなら、我らにとってそれはそれで…」

これを聞いた録嗚未は激怒。

魏はクソヤロォだとしながらも、今は友軍なのだから命がけで守る!

そう言って千斗雲の後を追います。

 

満羽の剛腕

蒙武を狙う満羽が様子見のために当たらせた界邦軍でしたが、蒙武に一撃で蹴散らされてしまいます。

その様子を見つめながら分析する満羽。

「お前はただ一人最強を誇示する唯我独尊の者ではなく、背負っているな何かを」

「だからお前はお前より強い汗明(かんめい)に勝った」

おもむろに前に出る満羽。

「お前はかつての俺達に似ている。虚無を悟る前の俺達にな」

不意に繰り出した一撃に反応した蒙武でしたが、まともに受けた蒙武はなんとそのまま落馬。

満羽のあまりの剛腕に蒙武軍がザワつきます。

 

キングダム657話ネタバレ最新話確定速報と感想考察!蒙武が背負うものは親友昌平君

強いだろうと思ってはいたものの、想像以上の満羽将軍の力はまさに規格外でしたね。

蒙武が力負けして馬から落ちる姿は衝撃的でした。

そこから蒙武に対し、執拗に「背負うもの」を認識させようとする満羽。

目的は一体何なのでしょうか?

さらに魏名物のアレが登場した657話をネタバレ考察します!

 

蒙武が背負うもの

やすやすと蒙武を叩き落す満羽。

「どうした蒙武。オレは汗明より弱いぞ」と不自然な挑発を繰り返します。

落馬した蒙武に寄り、もう一度自分に乗るよううながす岳大(がくだい)。

それに応えるように「さっさと来い、そのニヤケ顔ごと潰してやる」と蒙武も啖呵を切りました。

もはや一方的な展開に見えてしまうほど打たれつづける蒙武でしたが、それでも退かずに食らいつきます。

いまだ余裕の表情を見せる満羽は蒙武にこんな事を言い出しました。

「知っている。お前達は追い込まれてから力を発揮する」

「背負うものが力を与えるからだ」

「今の俺の楽しみはお前を背負うものごと打ち砕くことだ」

煽るような満羽の言葉に、蒙武の脳裏に浮かんだのは昌平君の顔でした。

家族でもなく、兵でもなく、死んでいった同志でもなく、親友昌平君です。

蒙武が自身が背負うものを認識する事で底力を出させる、そのうえで叩き潰す。

満羽はこれが狙いだったのでしょうか。

 

満羽将軍の過去

満羽の力がいまだ計り知れず怖いですね。

秦本陣でも、あの蒙武がぶつかっているのになぜ突破できていないのかと不思議な様子。

自分たちは「何かを背負って戦う」ステージを越えたというような発言をする満羽。

以前王騎が言っていた「命の火と共に消えた彼らの思いが、全てこの双肩に重く宿っているのですよ」という言葉を思い出してしまいました…

満羽将軍が味わった”虚無”とはいったいどのようなものなのか。

おそらく”楚に吸収された国々の元大将軍たち”という経歴が深く関係しているのでしょうね。

657話では「汨(べき)国時代、迫りくる楚の将軍たちを討ちまくった」という兵の言葉がありましたし。

おそらくこれから、想像を絶するほどの過去が明かされるのでしょうね。

 

騰と千斗雲のスピード対決

楚本陣を狙う騰と、魏本陣を狙う千斗雲。

それぞれが防衛線もものともせず本陣に向かって爆走中です!

ところが千斗雲を止めるべく救世主が現れました。

それが魏・龍范(りゅうはん)将軍の黄金騎兵団”光華狼”(こうかろう)です。

黄金の騎兵団…すごいですね。

千斗雲はここで足止めを受ける事になりました。

さらに背後からは録嗚未の軍も追いつきましたよ!

これに対して不敵な笑いを浮かべる千斗雲…

相変わらず不気味です。

 

項燕大将軍

この「項翼」は項燕だよね?あの「劉邦と項羽」の項羽の祖父でもある。 pic.twitter.com/sZ3I5EtY8I

楚のラスボス・項燕の登場が見えて来たような気がします。

そこで気になるのが「ついに項翼との関係も明らかとなるのでは?」という人も多いはず!

大将軍を代々輩出する名門と言われる項家。

この什虎城戦で項翼の出自についても分かるのではと期待していましたが、ここでついに情報解禁となるでしょうか?

 

史実の項燕

戦国時代末期、秦軍はほぼ無敵とされていました。

嬴政(えいせい)の時代です。

秦軍を打ち破った将軍と言えば今のところ趙三大天・李牧ですね。

実はこの項燕は李信と蒙恬(もうてん)を攻略するほどの力の持ち主。

とは言ってもキングダムではまだそのシーンは描かれていません。

李信と蒙恬が楚の各地を攻め落としながら進軍し調子に乗っている頃、楽勝モードのふたりが油断しているところを襲い壊滅的なダメージを与えるんです。

元からあっけないほど楽勝が続いたのは項燕の策だったと知らない李信と蒙恬は、7人もの将を失う大敗を喫しました。

この戦いを始めから甘く見ていなかった王翦(おうせん)が急遽呼び出され、逆に攻めて来た楚軍から函谷関を守り抜き、最後には楚を滅亡に追い込む…という歴史的にも重要な流れを担う人物のひとりが項燕なんです。

さらにその後項燕は秦国からあるとんでもない人物を引き抜くと、今度は秦国をピンチに追い込み、また逆襲を受ける…と言った流れは今後キングダムでも注目して行きたいところ。

項燕の登場をドキドキしながら待つ人が多いのも分かりますよね。

657話で満羽が負けた相手として登場するかと期待してしまいまいたが、まだでした!

 

まとめ

「キングダム657話ネタバレ最新話確定速報と感想考察!蒙武が背負うものは親友昌平君」と題してまとめてきました!

まさかそこで浮かぶのが昌平君だなんて…!

”背負うもの”の存在の大きさをうかがい知る事ができましたね。

満羽という将軍は実在しておらず、キングダムオリジナルのキャラクターなのではと思われます。

ところが「楚」「滅ぼされた国」「昌平君」というキーワードが揃ったうえに、兵たちの「俺達は…満羽様は背負っているものから逆に…」という聞き捨てならない言葉がありました。

とんでもない過去がありそうですよ。

さらに魏名物の井闌車も登場し戦いはますます過熱しそうですね。

キングダム657話ネタバレ最新話確定速報と感想考察でした!

次回のキングダムが気になる方はこちらのキングダムネタバレ658話をチェック!

-キングダム
-, , , ,

© 2020 漫画速報 Powered by AFFINGER5