ブラクロ267話ネタバレ最新話確定速報!アスタ対悪魔で出生の秘密が明らかに?

ブラッククローバー

ブラクロ267話ネタバレ最新話確定速報!アスタ対悪魔で出生の秘密が明らかに?

Pocket

週刊少年ジャンプ連載漫画「ブラッククローバー / ブラクロ」最新話267話のネタバレ確定速報です!

ナハトによる”従魔の儀”で悪魔が召喚されアスタの修行も始まりました!

戦って勝てと言うナハトですが、アスタ対悪魔はどのような戦いになるのでしょうか。

267話ではどうやらアスタの母親と思われる人物が反魔法の悪魔の記憶にある事が発覚!

母登場でアスタの正体、出生の秘密が明らかになる?

戦い方や悪魔の強さ、アスタ単体での現在の実力にも注目です。

ナハトの過去だけでなくアスタ対悪魔戦で見えて来そうなアスタ出生の秘密についても気になります!

アスタ・ノエル同時進行でノエル達の究極魔法習得についても分かる?

WJ45号連載のブラクロ最新話267話ネタバレ確定速報をお伝えしていきます。

 

ブラクロ267話ネタバレ最新話考察と感想

スペード急襲にハート王国も参戦決定!

一方のアスタ、悪魔の力をちゃんと使うための契約に必要なのは悪魔と戦って勝利すること?

従魔の儀によって現れたアスタの悪魔。

さらにナハトの過去もチラ見え?

前話あらすじから見て行きましょう!

 

前話「暗い園の誘い」

ユリウスはハート王国のガジャと更新中。

3日後の早朝スペード王国へ攻め込む事を伝えると、「私たちも参戦しよう」とハート王国も参戦を宣言しました!

ノエル達も再戦に向けて準備を進めている事を伝えるガジャ、女王奪還に静かに闘志を燃やします。

ナハトは黒の暴牛メンバーの前に姿を現していました。

「3日後、魔法騎士団の精鋭を集めスペード王国を急襲することになった」

そう言われても、黒の暴牛・副団長の突然の登場に団員たちは戸惑いを隠せません。

たたみかけるように「黒の暴牛が嫌い、ちゃんとしていないヤツらが嫌い」と言い放つナハトは、魔法騎士として動ければなんでもいい、副団長ともなれば自由にいろいろできて便利なのだと言います。

そして団員たちをけなすような発言を続けました。

お酒を呑んでばかりのはしたない魔女。

女性にだらしなかった空間魔導士。

元囚人の没落貴族。

ヤンキー丸出しの下民。

挑発的なマスクの下民。

「いかにもあの”ロクデナシ”が集めたヤツらって感じだけど」とヤミについても暴言を吐きます。

見た目で判断しないでとグレイが反論しますが、じゃあそういう見た目をするなよと切り捨てるナハト。

ヤミを救いたければこの2日間で強くなることだと言い残し、姿を消しました。

 

アスタとナハト”従魔の儀”

触れているものも一緒に影から影へ移動できると言うナハトの影魔法で訪れたのは、古い民家。

今にも崩れ落ちそうなその家を「とある貴族の家だよ…元ね」と言うナハト。

壁から落ちた肖像画に描かれた家族には、ナハトを思わせる少年と消えてしまったもう一人の子供の姿があります。

”影魔法・暗い園の誘い”

ナハトが言うと床一面に影が広がり再び移動するふたり。

そこで、これから2日間悪魔の力の使い方を教えようと言うナハトが行うのは”従魔の儀”。

悪魔との正式な契約としながらも禁忌の儀なのだと言います。

従魔の儀で必要なのは、悪魔との因縁がある遺物。

その因縁が一時的な悪魔召喚を可能にするとの事。

ところがアスタにはそれがなく、かわりに右手を差し出している事や魔導書について疑問を持ちながらもナハトは悪魔を召喚します。

「まさかそっちの方から出してくれるとはなぁ!」

アスタの右腕と引き換えに現れた悪魔と戦って勝てとナハトは言います!

 

ブラクロ267話ネタバレ最新話確定速報!アスタ対悪魔で出生の秘密が明らかに?

悪魔を召喚し戦って勝てと言うナハト。

アスタと悪魔の戦いがスタート!

アスタから悪魔に伝えたかった言葉と悪魔の本心とは…?

さらに反魔法の悪魔が知るある重要人物が分かりました!

 

アスタが伝えたかった事

267話ではアスタと召喚された悪魔との戦いがスタートするはず!

と思ったらアスタからの「ありがとう!」という言葉で始まりました。

戦いのなかで何度も助けてもらったアスタ、ずっと反魔法の悪魔にお礼が言いたかったのだそう。

自分の右腕奪ったヤツに言うことかよと呆れる悪魔は、断魔を勝手に呼び出すとアスタに斬りかかります!

ナハトの”降魔”の声で召喚された悪魔。

ナハトも疑問に思っていたアスタの腕、魔導書の謎についてこの戦いで分かりそうですよね。

「君と言う存在自体が悪魔と浅からぬ因縁を持っている」

つまりアスタ=悪魔とも考えられるのかもしれません。

「アスタの力は魔法ではない」とノエルが言っていたのが気になりますね。

秘密はアスタの出生に隠されていそうな気がします。

ナハトは何かしら見当をつけていそうではありますが確信には至っていないようですので、アスタの秘密についても探りながらの修行となりそう。

 

反魔法の悪魔とアスタ母の関係

右腕を失いながらもお礼を言い、「オマエこそチンチクリンじゃねーか!」と言うアスタに断魔で斬りかかる悪魔。

今度こそオマエの全部をもらうぜと攻撃を仕掛けます。

それでもなお戦わずに話をしようとするアスタにナハトが「負けたら異形の怪物に堕ちてしまう」「君が負けた場合オレが処分する」とけしかけますが、アスタが感じていたのは悪魔の”氣”。

「コイツ、オレを殺そうとしてないですよ」

前に戦った悪魔とは違う…アスタはそう感じていました。

「悪魔だからって絶対に悪いヤツだって決まってるワケじゃないだろ!」

体を奪うと言う悪魔にアスタが放った言葉に、ある人物を思い出します。

アスタと重なって見えた女性…

それはアスタの母親に見えます。

過去ふたりに何かしら関係があったと言う事が分かりました!

 

ナハトは双子だった?

アスタとナハトが訪れた「元貴族の家」はおそらくナハトの実家だと思われます。

肖像画?家族写真?にはナハトを思わせる少年と、もうひとり子供がいる事が分かります。

ジャックがナハトを見た事があると言ったことに対し「そいつはもういない」と発言した事がありましたよね。

あれは「ジャックが見たのはナハトの双子のきょうだい」だと言う事なのではないでしょうか?

そのきょうだいがもういない…闇が深そうですね。

第一、儀式用の地下室がある家って怪しいですよね。

ナハトの過去も分かっていく事になりそうです。

 

セフィロトの樹の存在

現在進行形で”クリフォト降臨の儀”の準備が進められているスペード王国。

ヤミとヴァンジャスはその儀式の核として生贄に捧げられるという事がナハトの話で分かりましたよね。

クリフォトの樹はそもそも”セフィロトの樹”という生命の樹に対し、対極の意味合いとして存在しています。

つまり、クリフォトの樹で冥府とつながるのであればセフィロトの樹で天界とつながれるのでは?と考える事もできないでしょうか。

ナハトの説明ではクリフォト降臨の儀についてこのような説明がありました。

・クリフォトの降臨は7日間かけて7つある階層、7つの門を徐々に開きながら進む。

・10体のクリフォトに整合する悪魔が点在している。

・悪魔の強さは階層が深くなるほどに増し、最後の悪魔はルチフェロ。

このルチフェロが出て来たら世界は終わりなのだそう。

これに対しセフィロトの樹が存在していてもおかしくないですよね?

 

天界とつながり天使を召喚?

セフィロトの樹が存在したとして、期待できるとしたら天使召喚でしょうか?

クリフォトの樹に対し、同じように強くなっていく10体の天使がいる、もしくは究極魔法によってその10体のなかにノエル達をあてはめて行く…

そんな力があれば心強いのですが。

クリフォトの樹では階層が上の方でダークトライアドと同等の力だという事ですので、宿敵ヴァニカは圧倒できる程度の力は必要になってきます。

まずロロペチカ奪還がノエルにとって絶対ですし。

こちらも悪魔と同等の天使を召喚して、天使憑きになる、という廉介もあるかもしれません。

エルフとクローバーの友好の象徴が生きていた事で希望が見えましたし、絶滅していなかった理由がここで大きく関わって来るのではないでしょうか!

 

まとめ

「ブラクロ267話ネタバレ最新話確定速報!アスタ対悪魔で出生の秘密が明らかに?」と題してお届けしました!

267話で始まったアスタ VS 悪魔の戦い。

そこで明らかになるのはアスタ出生の秘密か、その正体か。

まずはアスタの母親?と反魔法の悪魔が過去に関わっていた事が分かりましたね。

悪魔の力を使いこなせるようになったアスタと、エルフによって究極魔法を会得したノエル。

はやくふたりを始めとした各国魔法騎士たちのスペード急襲が見たいですね!

ブラクロ最新話267話のネタバレ確定速報と考察でした!

次回のブラッククローバーが気になる方はこちらのブラクロネタバレ268話をチェック!

-ブラッククローバー
-, , , , ,

© 2020 漫画速報 Powered by AFFINGER5