ブラクロ260話ネタバレ確定速報!ゼノンが現れヤミを拉致!

ブラッククローバー

ブラクロ260話ネタバレ確定速報!ゼノンが現れヤミを拉致!

Pocket

週刊少年ジャンプ連載漫画「ブラッククローバー / ブラクロ」最新話260話のネタバレ確定速報です!

悪魔の取引で覚醒したアスタ。

その右手と引き換えに手にした力でダンテに立ち向かいます。

目的は”ヤミ団長と肩を並べて戦うこと”でしたが、なんとついに決着がつきました!

暴牛師弟コンビの共闘と決着の引き金となったヤミ団長の驚きの行動とは?

そして手に汗握る戦いを終え、一息ついたと思ったその次の展開は…?

ブラクロ260話をネタバレ考察して行きます!

 

ブラクロ260話ネタバレ考察

アスタが悪魔の取引で手にしたのはこれまでと違った力だった?

その圧倒的な”力”にダンテもどうやら気づいた様子。

お互いに戦闘を楽しんではいますが、勝負は思いもよらないスピード感で展開していきます。

ついに決まった勝敗のゆくえは?

息をのむ戦闘シーンから「今後100年は語り継がれるラスト」という賞賛の声もある結末!

259話あらすじから振り返ります!

 

前話「暴れ牛のユニゾン」あらすじ

悪魔との取引で右腕を差し出し力を手に入れたアスタ。

悪魔は時間を提示します。

「50秒だ。」

悪魔が与えたのはこれまでとは違い”力そのもの”。

そのため50秒以上はアスタの体がもたないと言うんです。

それで十分だとアスタは右腕の力を解き放ちます!

これまでと桁違いの攻撃に叫ぶダンテ。

アスタはその右腕を落としますが、ダンテは「いいぞ小僧ォ!」と笑います。

 

暴牛師弟コンビの戦い方

ところが腕をいくつも出し剣をかまえるダンテの戦闘スタイルに、ヤミはこれまでとの違いを感じ取ります。

どうやらアスタの攻撃を警戒している様子。

最初の一撃で反魔法の威力に気づいたのでしょうか。

アスタの攻撃がクリーンヒットすれば勝てる!

そう確信したヤミはさらに追撃を繰り返します。

息が通じ合っているようなふたりを見ていたフィンラルは、「こんな状況なのに楽しそうにも見える」と感じていました。

ふたりの顔には笑みすら浮かんでいます。

もうダンテの攻撃もヤミ・アスタの攻撃もメチャクチャでスピード感は増すばかりです。

ところが戦闘を楽しんでいるのはダンテも同じ。

その顔は相変わらず不気味に笑ったままです。

すべてを捻り潰して勝つ、それがダンテの楽しみなんです。

 

アスタ・ヤミ VS ダンテ決着!

アスタの悪魔の力、時間切れまで残り8秒。

「宿魔」

地面から剣が飛び出しますが、ダンテはアスタを突き飛ばすと再生させた手で宿魔を飲み込みます。

「滅魔」

続いて魔導書から呼び出した剣も同じようにダンテに飲み込まれてしまいました。

と同時にヤミの死突で再びダンテの胴体は大きく消し飛びます!

残り3秒

「終わりだ!」

アスタからすべての剣を奪い取り、胴体部分を再生しながら勝ちを確信して笑うダンテ。

残り1秒

不意にアスタに向かってヤミから無言で刀が投げられます。

アスタがキャッチすると、みるみるうちに黒く染まる刀身。

その刀でダンテに向かうアスタ、左肩からバッサリと大きな一撃を当てます!

「オレ達の勝ちだ…!」

そこには大きな刀傷を受け、人間の姿に戻ったダンテが倒れていました!

 

ブラクロ260話ネタバレ確定速報!ゼノンが現れヤミを拉致!

ダンテとの決着がついてしまいました!

残り1秒、ヤミ団長の刀に悪魔の力をまとわせると反魔法の一撃がダンテにクリーンヒット!

まさかこんなにすぐ決着がつくとは思いませんでしたね。

ヤミ団長からノールックでの刀パスからの一閃に興奮した読者も多いはず。

”アスタを警戒した戦闘スタイル”とはどこから剣が出て来ても対応できるように腕を増やした事だったのでしょうね。

何はともあれ、ひと段落!

これでヤミ団長拉致の危険は去ったと言えるはず…?

 

ルチフェロがヤミに乗り移る?

これまでの戦闘からは信じられないほど情けない姿で倒れるダンテ。笑

反魔の力でルチフェロも倒された事になるのでしょうか?

260話で、この白目状態のダンテをルチフェロが無理やり操って起こしたりしそうじゃないですか?

もしくは最悪のパターンとして、ダンテを見限ってヤミを乗っ取る可能性もまだ捨てきれません…

反魔の悪魔が言っていた「アスタが気絶すれば実体化のチャンス」という発言が気になります。

ダンテが気絶状態の今、ルチフェロは実体化できるという事になってしまいますね。

いずれにしても、死闘のすえヤミもアスタも満身創痍。

ここでダンテに復活されても厄介ですよね。

王冠がはずれている=スペードの支配者として終了、という事だといいのですが。

 

ゼノン登場

ダンテが倒れた事でルチフェロがどういう扱いになるかによりますが、ゼノンが救出に来る事も警戒したいですよね。

リヒト戦のオマージュだとしたら、ゼノンだけでなくヴァニカも迎えに来るかもしれません。

もしくはルチフェロが乗り移ったのを見計らってからとか?

実はダンテ・ゼノン・ヴァニカの漆黒の三極性は実の兄妹ではないのでは?と言われているんです。

理由は王冠をかぶっていない事や年齢不詳な事、ヴァニカが呼び捨てにしている事などなど。

いまだ謎が多いゼノン。

260話で登場すれば、これまでの謎が分かってくるかもしれません!

 

アスタと反魔法の悪魔の関係

制限時間50秒という短さには驚きましたね。

これまでの”力が垂れ流された状態”でもアスタには相当な負担がかかっていました。

加えて今回はすでにボロボロの状態だった事が関係するのではないでしょうか?

それでも明確な時間制限を教えてくれたり、その理由がアスタの体がもたない事だったり…

反魔法の悪魔ってけっこう優しい?

アスタが反魔法をコントロール出来ていた事と悪魔が態度をやわらげた事には関係があると思わずにいられません。

これからいい関係を築いていけそうですね!

 

まとめ

ブラクロ最新話260話のネタバレ考察でした!

まさにヤミ団長の狙い通り、覚醒したアスタの反魔法の力でダンテに勝利しましたね!

このまま終わりとはいかなそうではありますが…

闇魔法が効かない相手でも、反魔法の”力そのもの”を扱えれば攻撃できるという事が分かりました。

そしてまともにヒットすれば一撃で倒せる。

アスタはどんな武器であっても反魔法の力を纏わせる事ができるようになったという事なのでしょうか?

さらに、ボロボロの状態で制限時間50秒なのであれば、まともな状態なら小一時間くらいは使えそう。

つくづく長時間悪魔の力解放状態でいられるダンテやヴァニカって恐ろしいなと思っていましたが…

今後反魔法の悪魔との関係が良好になっていくにつれ相当の力を手にする事になりそうですね!

このあとヤミがルチフェロに乗っ取られてしまうのが最悪のパターン。

刀をアスタに手渡した事が何かのフラグになっている気がしてなりません。

そろそろゼノンの悪魔について語られる展開もありそうですし、ダンテ救出に現れるのかも?

ダンテを倒し、ヤミ団長がアスタに定番のアイアンクロー!という楽しい幕開けの260話となる事に期待したいですね!

次回のブラッククローバーが気になる方はこちらのブラクロネタバレ261話をチェック!

-ブラッククローバー
-, , , , ,

© 2020 漫画速報 Powered by AFFINGER5