ワンピースワノ国編いつ終わる?何巻までで完結か結末ラストの考察!

ワンピース

ワンピースワノ国編いつ終わる?何巻までで完結か結末ラストの考察!

Pocket

2020年7月にワンピースは23周年を迎えました!

「あと5年で終わる」発言でざわついた2019年11月から8ヶ月。

ワノ国編が盛り上がるなか、いよいよ終わりが近づいている感が増している!と言う声も増えていますね。

ワノ国編が終わったら次が最後の章になるのではとの予想が多い事から「ワノ国編いつ終わる?」「何巻まで?」といつまでなのか気になる人も多いようです。

完結するとしたら終わりはいつなのか、その結末はどうなるのか。

ワンピース90巻から始まったワノ国編は情報量も多く、「全伏線回収」が着々と進んでいますよね。

その終わりについて考察します!

ワノ国編

・ワノ国編はいつ終わるか

・ワノ国編は何巻までか

・結末はどうなるのか

ついにラストに王手?

ワンピースワノ国編はいつ終わるのか、その結末の考察とラスト、そして何巻までで完結かを解説して行きます!

アニメ派の人はネタバレになりますので注意してくださいね。

 

ワンピースワノ国編いつ終わる?結末ラストの考察とおさらい!

2018年7月に発売された90巻からスタートしたワンピース”ワノ国編”。

伏線回収が始まってるだけあってかなりのボリュームですよね。

現在の最新刊は2020年4月3日発売の96巻です。

何巻でワノ国編結末を迎えるのか、ラストはいつなのか気にりますよね。

まずはワノ国編の情報をおさらいします。

 

ワノ国編のおさらい

ワノ国は閉鎖国家で世界政府にも加盟しておらず世界会議(レヴェリー)にも参加したことがない国。

理由は「鎖国制度」にあります。

他国の思想に影響を受けたくない、国外に出る事自体が犯罪!と言う考え方の謎多き国です。

ブルック

”侍”と言う剣士達が強すぎて海軍も近寄れない。

作者・尾田栄一郎先生

ワノ国編は趣味丸出しになるかも

入国するのも困難で、地中深くの洞窟終点にあるモグラ港からゴンドラで引き上げるというのがカイドウの許可必須の正規ルート。

周囲の海域が常に悪天候な事もあり、こういった立地条件が鎖国国家にならざるを得なかった背景にあるのかもしれません。

ちなみにルフィたちが侵入する際とった方法は真逆ルート。

巨大鯉が滝をのぼる勢いを利用するというものでした。

 

ワノ国のモデル

ワノ国を800年以上にわたって統治していたのが”大名・光月家”

ポーネグリフを作った一族とされています。

光月おでんだけは鎖国制度に疑問を持ちつづけ異端児扱いされていました。

光月家

大名でありながら、代々石を切り出し加工する”石工”を家業としている職人一族。

家紋は鶴(ミンク族も同じ)

海楼石を加工する技術も光月一族の技術から。

古代文字が刻まれ、大砲でも傷をつけられないほど固いポーネグリフを作り出した。

Dの一族との関係性や空白の100年に関与していると思われる。

まさに日本!という設定も多く、昭和時代劇スターがモチーフとされた侍達や、背景には富士山や五重塔が描かれます。

効果音は通常の「ドン!」から「べべんっ!」に。

ルフィの”ギア4”も歌舞伎がモチーフです。(ゲームではギア4の効果音が歌舞伎風のBGMだったりもします。)

歌舞伎の他にも「桃太郎」「浦島太郎」「かぐや姫」などの日本の童話や「不思議の国のアリス」の世界観が反映されている部分もあるようですね。

 

オロチとカイドウによる支配

40年前、当時のワノ国将軍だった光月スキヤキの息子・おでん。

荒れていた九里という土地を統治し、ワノ国では絶対的なリーダーとして慕われていた人物です。

開国派だったおでんはワノ国を飛び出し、あの白ひげ海賊団やロジャー海賊団を渡り歩きます!

その隙にワノ国を乗っ取ったのが”マネマネの実の能力者”黒炭オロチでした。

スキヤキを暗殺すると権力を独り占めにし、おでんも最後には「ワノ国を開国せよ!」という遺言を残し処刑されてしまいます。

これが20年前の出来事です。

それ以来、ワノ国はお金とポーネグリフを理由に手を組んだ”四皇カイドウの百獣海賊団”とオロチによって支配が続く事になります。

この事により、ワノ国は兵器を作る国と化してしまいました。

 

ワノ国編いつ終わる?

オロチとカイドウに支配されてしまったワノ国。

ワノ国編はどうなったら「完結」なのか、結末は一体どうなるのか。

ラストの展開を考える時に「カイドウ・オロチの支配からの解放」というのが大きなテーマのひとつとなるはずですよね。

もともとオロチの一族である”黒炭家”は、光月家に仕えた5大名家のうちのひとつでした。

ところが時期将軍を狙って暗殺を繰り返したりと暗躍していたオロチの祖父は切腹という最期を迎えます。

その黒炭家の名前で迫害されていた過去をもつオロチは、「光月家への腹いせにワノ国を腐敗させてやる!」というのが目的です。

ただの逆恨みですね。

実際にワノ国を支配しているのはオロチでカイドウは軍事力としてのみ存在している様子。

ワノ国解放はオロチを討つ事で完結するのではないでしょうか。

もちろんそのためには、カイドウ率いる百獣海賊団という強大な勢力が障害となるわけですが…

 

ワノ国編結末ラストのあらすじ考察

ワノ国が最後どうなるのか。

結論から言って「カイドウ・オロチから完全開放!」が結末だと考えられます。

そのラストに向けてどんな展開が起こるか考察して行きます。

①カイドウを倒す

これは必須ですね。

不死身と言われるカイドウの”倒し方”がどうなるのかに注目です。

さらにあわせて気になるのが、誰が倒すかですよね。

これはもしかしたらゾロが大活躍なのでは?と予想します!

②くいなが生きていた!

かつてゾロの友達として一緒に剣の修行に励んでいた女の子、くいな。

ここへ来て再登場するのでは?と話題になっているんです。

ゾロが今使っている刀”和道一文字”そしてくいなが持つ”政宗”。

ふたりは一戦まじえたあとに刀を交換するのではないでしょうか?

そしてこの政宗がカイドウ攻略のカギとなるかも?

③ミホーク再来

”鷹の目”の異名を持つ、元王下七武海にして世界最強の剣士ジュラキュール・ミホーク。

不死身のカイドウ、実はお腹に傷があるんですよね。

これが明らかに刀による斬り傷なんです。

新たな刀を手に入れたゾロに、ミホークが新たなワザを伝授する…

これがカイドウに致命傷を与えるのではないでしょうか!

オレも四皇の一角ぐらい落とせねェとな、という感じで決着をつけてしまうのか?

「カイドウの首はおれがもらうぞ!!!」(819話)発言がありましたので、とどめはルフィかもしれませんね。

ゾロの師匠霜月=光月家に仕えた大名と同じ名前である事からもゾロの活躍は必須と言えます!

 

カイドウ討伐後

ではカイドウと同盟を組んだビッグ・マムの方はどうなるのか?

これには残る四皇のひとり、黒ひげのティーチが関わるのではないでしょうか。

どさくさに紛れて黒ひげがビッグ・マムを討つ。

それを追う流れでそのまま最終章・世界戦へと突入して行くのでは?と予想します!

オロチは侍たち…できたら錦えもんとモモの助に討ってほしいところ!

ワノ国完結に際して、侍たちが一部傘下に入るかもしれませんね。

そしておでんの悲願であったワノ国開国!

将軍はモモの助が継ぐのだと思われます。

侍たちが国を取り戻し、前を向いて動き出す。

ルフィたちはさらに仲間を増やし世界戦へと進む。

これがワノ国編のラストになるのではないでしょうか!

93巻で、ゾロは目の前で父親トの康の命を奪われても笑う事しかできないおトコ、そしてえびす町の人々を目の当たりにしています。

それはあのSMILEの副作用。

あまりに残酷な事実を知ったゾロの表情はカイドウ・オロチを討つことを決意していたように見えましたよね。

ゾロが斬るのはカイドウか、それともオロチでしょうか?

ワノ国編結末にゾロが大きく関わる事は間違いなさそうです!

 

ワンピースワノ国編いつ終わる?何巻までで完結か解説!

ワノ国編完結の考察に続いて、一体何巻で終わるのかについてです。

これまでの展開やボリュームを考えても、通常の○○編に比べて長引く事が考えられますよね。

ワンピースの流れや作者である尾田先生の発言から、ワノ国編が何巻までで完結かを解説します!

 

ワンピース編一覧と順番から考察

ワンピースコミックでは、これまで平均9巻ほどでひとつの○○編が完結しています。

1巻が3~4ヶ月で出ているので、およそ2年で1編と言えますね。

今までの編を一覧で順番にみてみましょう。

・イーストブルー編:1巻〜12巻
・アラバスタ編:12巻〜23巻
・空島編:24巻〜32巻
・ウォーターセブン編:32巻〜46巻
・スリラーバーク編:46巻〜50巻
・頂上戦争編:50巻〜61巻
・魚人島編:61巻〜66巻
・パンクハザード編:66巻〜70巻
・ドレスローザ編:70巻〜80巻
・四皇編:80巻〜89巻

短いものは5巻で完結、長いもので15巻とほぼ二極化していると言えそうですね。

ワノ国編は90巻からスタートしています。

現在96巻(2020年4月3日発売)ですが、結末に向けて重要な伏線回収が盛りだくさんな事からも、あと3巻で完結する内容ではなさそうですよね。

ワンピースは1シリーズが次巻に続かないという特徴がありますので、ワノ国編も何巻かのピッタリ最後で終わるはず。

となると

・90~99巻

・90~105巻

このどちらでしょうか?

 

ワンピース全編は何巻で終わる?

最終巻が何巻になるか、その予想からワノ国編ラストが何巻かを考察してみます。

作者の尾田先生の発言をまとめてみましょう。

「100巻ちょっとになる」

・マリンフォード頂上決戦の頃に「半分くらいまで来ている」

半分発言があったのが1997年・60巻あたりの事。

1997年連載開始から13年の時で折り返し地点との事なので、単純に計算しても120巻の予定という事でしょうか。

数字にこだわりがある人だと分かっている事からも、120巻1200話で最終説も出ていますよね。

 

ワノ国編完結は何巻?

これまでの流れや発言から、最終巻が120巻だと考える事ができそうです。

しかもコミックス61巻は1巻と構図がまったく同じなんです!

ここが折り返しだという事がよく分かりますね。

また、ワノ国編に関しては時代劇が好きな尾田先生が「趣味全開になるかも」と言っていた事からも長期化が予想されます。

この事からも最終巻は120巻だと考えられますよね。

最終編が短くなる事は考えづらいので、90~120巻をワノ国編、最終編で15話ずつ。

つまりワノ国編は105巻で完結と考えられます!

 

まとめ

ワンピースワノ国編いつ終わる?何巻までで完結か結末ラストの考察をして来ました!

ワノ国編完結

・ゾロが新たな刀で致命傷を負わせ、ルフィがとどめをさしカイドウを倒す!

・錦えもん・モモの助がオロチを討つ!

・ビッグ・マムは黒ひげティーチに討たれる!

・ワノ国は再び侍達の手に、モモの助が将軍となり開国を果たす!

・一部の侍は麦わらの一味に加わり世界戦へ出発!

そして90巻からスタートしたワノ国編は105話までになると予想します!

”ワノ国”という名前からしてスタート時から活躍が期待されているゾロ。

新たな刀と力を手に入れるのでしょうか?

四皇がさらに落ちる事で、世界中の海がさらなる混乱におちいるであろうワノ国編の結末が楽しみです!

-ワンピース
-, ,

© 2020 漫画速報 Powered by AFFINGER5