ドラゴンボール超漫画63話ネタバレ最新速報!メルスの覚悟で天使の規則を破り消滅?

ドラゴンボール超

ドラゴンボール超漫画63話ネタバレ最新速報!メルスの覚悟で天使の規則を破り消滅?

Pocket

Vジャンプ連載漫画「ドラゴンボール超(スーパー)」最新63話のネタバレ最新速報と感想です!

あと一歩のところでセブンスリーを取り込んだモロ。

あろう事か戦闘力がアップしてしまいました!

ベジータがやられ、悟空までやられ、ピッコロや悟飯も歯が立たず…

まさに絶体絶命!

そんな時に現れたメルス。

これまで銀河パトロール隊員をしていましたが、ある覚悟を決めて現れた様子。

でも天使は中立、戦えば消滅してしまうという規則があります。

ここから起死回生となるのか、その代償に天使の規則を破りメルスは消滅してしまうのか?

正体だけでなく現れた理由、そしてその覚悟が泣ける漫画ドラゴンボール超63話のネタバレ最新速報と感想です!

 

ドラゴンボール超漫画63話ネタバレ考察と感想

あと一歩のところで形勢逆転されてしまった悟空たち!

コピー能力の前にはベジータも歯が立ちません…

容赦ないモロの攻撃はついに悟空をも捕らえてしまいました。

この絶対絶命のピンチから救ってくれるのは一体誰なのか?

悟空は復活して再びモロと戦う事ができるのでしょうか?

62話あらすじから振り返ります!

 

前話「絶体絶命」あらすじ

絶体絶命のところでセブンスリーを取り込み、その能力と戦闘力を手に入れてしまったモロ。

一撃で上空から地上に叩きつけられたベジータでしたが、すかさず再戦にいどみます。

ところがパワーアップしてしまったモロにその攻撃は当たらず…

強制分離を仕掛けたいところですが、攻撃が当たらなければ効果を発揮する事ができません。

セブンスリーの能力を取り込んだのであれば、制限時間は30分のはず!

ところが「力が宿主に戻っただけ」という理由で無効になるとモロはあざ笑います。

それどころか、ベジータの背後をとるとセブンスリーの能力でワザをコピーしてしまいました!

完全に形勢逆転。

そして圧倒的な戦闘力を見せつけたかと思った次の瞬間に放ったのは”ビッグバン・アタック”

ベジータの必殺技です。

 

ゼロ距離かめはめ波が炸裂!

皮肉な事に自身のワザが決定打となり、ベジータはここで離脱となります。

この様子を見ていたピッコロは最悪の事態に気づきました。

それは”ベジータの能力がコピーされた=強制分離の能力もコピーされた”という事!

デンデや仙豆を持ったクリリンが慌てて悟空たちの元へ向かいます。

ベジータが倒れてしまい、ピッコロや悟飯は悟空に加勢しモロに立ち向かいますが歯が立ちません。

ピッコロと悟飯が身を挺してモロの動きを止めます。

そこへ悟空がゼロ距離でのかめはめ波!

まともに決まった!とモロを見ると左腕が吹き飛んでいます!

ところが顔色ひとつ変えず悟空へ近づくモロ。

次の瞬間、一気に腕を再生させます!

 

悟空瀕死でメルス登場!

モロの左腕は再生すると同時に悟空の胸を貫きました。

倒れる悟空、さらに気を奪おうとするモロに怒りを爆発させた悟飯が立ち向かいますが、裏拳ひとつで倒されてしまいます。

絶体絶命のピンチ!

その時デンデがピッコロにテレパシーを送ります。

が、それすらも察知したモロは辺りにバリアを張ってデンデが回復に来るのを阻みます。

バリアのせいで入れないデンデ。

中ではピッコロと17号・18号が奮闘しますが、一向に戦況は良くなりません。

ピッコロ捨て身の自爆すら魔貫光殺砲でお腹を撃たれ阻止されてしまいます。

もはや戦えるのはジャコのみ…

と、その時!

ひとりの銀河パトロール隊員がモロに向かって銃を撃ちました!

驚くモロとジャコ。

なんとそれは銀河パトロールの姿をした天使見習いのメルスでした!

 

ドラゴンボール超漫画63話ネタバレ最新速報!メルスの覚悟で天使の規則を破り消滅?

悟空が瀕死の重傷を負ってしまいました!

ベジータやピッコロも絶望的…

セブンスリーを取り込んだモロの強さ、規格外すぎじゃないですか?

この状況を打破するには身勝手の極意しかないような気がしますが、問題はそこまでどう持って行くかですよね。

やっかいな吸収能力だけでも封じる事ができれば…

と思っていたところに登場したのはメルスでした。

やはり天使最強?

63話をネタバレ考察して行きます!

 

デンデが悟空を回復させる

体にここまで大きな風穴を開けられたのは、天下一武道会のピッコロ戦以来でしょうか?

モロのバリアに阻まれていましたが、メルスが少し離れたところへと移動してくれたおかげでデンデが治療する事ができました。

傷が深く時間はかかりましたが、なんとか無事に悟空復活です!

そして「モロが天使と戦っている」と聞き、すぐにその天使がメルスだと言う事に気づく悟空。

急いでメルスとモロの元へ向かいます!

 

メルスの目的はモロのチート能力はく奪?

メルス登場に驚いた人も多いのではないでしょう?

モロを倒すために必要になると考えられるのは、やはり身勝手の極意”極”の習得。

この事からも、メルスが登場した目的は悟空に自分の能力を分けること?

それとも合体?

いろいろ予想していましたが、どうやらモロと直接対決しに来たようです。

棒状の武器を使い、モロと渡り合うどころか互角以上の戦いを見せるメルス。

見た目からはまったく想像もつかない強さで圧倒します。

と言ってもモロをボコボコにするわけでもなく、悟空と話しながら平然とモロの攻撃を受け、反撃しているんです。

そしてモロの腕をあっさりと切断したり、ついには手のひらにある黒い石を破壊します!

これでモロの吸収能力が封じられました!

 

メルスは天使をやめた?

中立の立場であるはずの天使、人間の肩を持つ事は許されていません。

加勢すれば消滅させられてしまいます。

62話でモロに銃口を向けた時点で天使としての規律違反なのではないかと予想されました。

そうなると、考えられるのは地球を救うためにメルスは天使見習いをやめてしまったとか…?

あまりの事態に見かねたビルス様が助けに行くよう命令した(破壊神の”破壊の代行”を行使)と言う可能性もあるので、これは63話で明らかになりそうですね。は?と考えていました。

ところがもっと深刻な覚悟をもってメルスがモロも前に立ちはだかった事がわかります。

 

メルス消滅

メルスが能力を使って戦っている事は、遠く離れていてもビルスに伝わります。

大神官に怒られてしまうためウイスに確認しますが、ウイスはのらりくらりとかわしているようです。

「自分は善と悪どちらでもなく中立な立場として生まれてきた」

メルスがモロと戦いながら悟空にそう語ります。

宇宙に何が起こっても、見守る事しかできない。

それでも銀河パトロール隊員として活動するうちに”正義の感情”が芽生えたというメルス。

平和な銀河を願うメルスは、悟空との出会いで心が固まったんですね。

話しながら次第に透けて行き、最後まで悟空にアドバイスするメルス。

「今の実力で身勝手の極意が完成すれば、以前よりもはるかに安定したものになる。相手がモロでも負ける事はない」

「私が愛したこの銀河を、ワクワクがつまったこの宇宙を守ってください」

そして笑顔のまま消えて行きました…

 

まとめ

「ドラゴンボール超漫画63話ネタバレ最新速報と感想!メルスの覚悟で天使の規則を破り消滅?」と題してお届けしました!

全員瀕死で絶体絶命!

と、そこで登場したメルス。

その正体は天使で、戦う事で規則を破りついに消滅してしまうという切ないラストでした…

想像以上の強さでモロを翻弄し、メルスがついに手の水晶を破壊!

もうモロに吸収能力はありません。

正体が天使である以上手出しできないはずのメルスはなぜ加勢できたのか。

それは規則を破ってでも銀河のため、宇宙のために戦うという覚悟があったから。

天使の規則を破り消滅してしまったメルスの最後の言葉は「今の実力で身勝手の極意が完成すれば、モロにも負けない」というものでした。

この覚悟を見た悟空はこれからモロをどう戦って行くのでしょうか?

漫画ドラゴンボール超最新63話のネタバレ速報と感想でした!

-ドラゴンボール超
-, , , ,

© 2020 漫画速報 Powered by AFFINGER5